• Admin

ろびゆきインタビュー② 「いいものができるなら、色々挑戦したい」


カレンダーで新たな姿を見せたろびゆきコンビ。

グループ内で切磋琢磨し合う彼女たちにとって、

はしもろコンビのショットは大きな刺激になったようだ。

カレンダー撮影を終え、グループ全体を俯瞰して彼女たちは何を思うのだろうか。

―チャオベラが10周年を迎えて、あのカレンダーは記念として

作ったんですけれども、ろびゆきのイメージだけじゃなく

はしもろのイメージもガラッと変えられたんじゃないかなと思います。 4人の構成のカレンダーとしてはどういう風に感じますか?

後藤:はしもろコンビが超大人!

ロビン:攻めてたよね! びっくりしちゃった! 

後藤:別れて撮影したので撮影のときははしもろコンビの様子が

ちゃんと見られなくて。 だから、カレンダーの出来上がりを見てインパクトがすごいな! 

ってびっくりしました。

ロビン:本当にね。もろりんのもろりんが!(笑)

後藤:もろりんのもろりんと、はしもんのはしもんがまあすごい!(笑)

うちらには出せない色気だったよね。

ロビン:はしもんとか同い年のはずなのになんであんなに色気があるんだろう、

ってうらやましかった。

後藤:いや、きっとこっちがなさすぎるんだよ(笑)

ロビン:あ、こっちがなさすぎるのか(笑)

でも、グループ内でそうやってバランスが取れてるなって感じました。

後藤:そうだね。同じセクシーを表現しようとしているのに、

一方は女の子が好きそうな感じで、

もう一方は男の人が好きそうな感じで。 いい感じにグループ内でギャップがあって、

見飽きないカレンダーに仕上がったんじゃないかなって思います。 ああいう見飽きないカレンダーってなかなかないんじゃないかな。

ロビン:ね。一枚一枚に衝撃があるカレンダー。

―今回、色々な衣装で写真を撮りましたが、一番お気に入りの衣装はなんでしたか?

後藤:私はオルチャンかな。

ロビン:確かに。カレンダーでは使われなかったけど

2人で台の上に乗って手を繋いでみたりね。 楽しかった。

後藤:あとは、撮影してる中で生まれた、

「あ、これいいね!」みたいな瞬間もめちゃくちゃ楽しかった。 音楽が爆音の中、「これもいいね!」っていっぱい写真を撮って。

ロビン:私は表紙の衣装も結構好き。 まさかあんなに肌を出すことになるとは思ってなかったけど、

当日行ってスタイリストさんが持ってきたものを組み合わせて撮影しました。 メイクとか小道具によって印象が変わるのが面白かったり。 あと、普段はそんなに使われない目をつぶっているショットとかも

カレンダーだからこそ使われていて、えろかわいくてお気に入り。

―スタッフもあそこまで肌を出すとは思っていなかったので

「やっばいな~~」って(笑)

ロビン:スタイリストさんも、「え、ちょっと大丈夫?」みたいな(笑) それに「大丈夫です。いきましょう!」って。

後藤:色がポップで可愛い感じだったしね。

ロビン:いいものができるなら色々挑戦していきたいんです。

――続く

チャオ ベッラ チンクエッティ2017カレンダー

購入はこちら

https://www.elineupmall.com/c671/c181/c195/2017/


1回の閲覧

© japankoreaidolsummit.  Proudly created with Wix.com